忍者ブログ
日常、考え事。たまに少し冒険。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Twitter「つぶやく」ボタン
  今は昔、docomoが携帯電話を世に放ってから今までに、携帯電話は爆発的に普及し、端末も、小型化・多機能化と進化を遂げてきた。高校に入学した当初、友人が「カラー液晶」で「(着信音が)3和音」という端末を持ってきたときの衝撃は今でも鮮明に覚えている(たしか、J-PHONE)。今ではそのような端末は化石だ。おそらくその友人も、自分がそのような端末を使っていたことさえ覚えていないだろう。その後、携帯電話は「ケータイ」と抽象化されるまでにその機能を多様化させた。カメラの画素数が向上し、ラジオが聴けるようになった。音楽が聴ける端末が登場したかと思えば、すぐにワンセグTVが見られる端末も登場した。3和音で感動していた音楽は、4和音、16和音、64和音と音の数が増え、スピーカーが搭載されたことで、まさに「音楽」となった。着うたの登場だ。今となっては、3和音の携帯電話で、YMOの「東風」や「RYDEEN」の音符をコードで入力し、遊んでいたことが本当に懐かしい。着信音を自分で作曲できる機能は、携帯電話からいつの間にか無くなった。16和音を超えたあたりから、そういった遊びを断念し、着目しなくなっていた。得るものも多かったが、先述の作曲機能のように、失ったものもあった。

 そして、「ケータイ」は「スマートフォン」に進化した。iphoneの登場だ。端末の多機能化は複雑化を極めた。これを「これを持っていれば、何でもできる」という安心感もあったが、一方で、「すべての機能が中途半端」というジレンマもあった。カメラの画素数は向上し、綺麗な画を撮れるようにはなったが、デジカメには及ばない(ほとんどデジカメ、というようなコンセプトの端末も存在するが)。WEBも、twitterやfacebookで短くつぶやく程度であれば差し支えないが、入力は面倒で、思考のスピードにはついてこない。ブラウジングの快適さにも限界がある。スマートフォンによって、生活に必要なすべての「通信」にまつわる機能を手に入れた、と思っていると、「すべてを中途半端に妥協する」危険だってあるのでは無いだろうか。

 世に出回っている、端末は、「多機能」という、「単調」に陥った。ユーザーのライフスタイルに合わせて、どの機能が欲しくて、どの機能は不要、といった選択肢は少ない。どのように、WEBを生活に取り込むか。どのような機能を、端末に求めているか。「スマートフォン」には、そうした個別のニーズに応える用意が無い。

 私は、2009年から、iphoneを使ってきた。家ではwi-fi、外では3G回線でWEBに接続。便利なアプリも入れ、快適に使っていた。しかし、スマートフォンを、キャリアの通信で使うと、ランニングコストは割高だ。その割には、通信速度も遅く、得るものが少ない。iphoneでは当然、まとまった文章の入力に不向きだし、バッテリー切れで通話ができなくなる恐れもある。外付けのバッテリー、という苦肉の策もあるが、スマートじゃ無い。iphoneを使い続ける、私にとっての意味って何だろう?Appleの製品としては、愛着もあるんだけれど。

 私が至った結論は、「持って歩くは無線LAN」というものだ。モバイルwi-fiルーターによって端末をWEBにつなぐ。日によって、iphoneのみ持ち歩くこともあれば、macbookを持ち歩くこともある、という使い方には最適だと考えた。通話は、通話専用の端末。まさに「携帯電話」だ。iphoneを通話に使う必要は必ずしも無い。

 今日、iphoneを解約し、WILLCOMの通話専用の端末と、モバイルwi-fiルーターを契約してきた。家族で使うことも考えると、目を見張るコストダウンになったが、私のWEBとのつながりはむしろ可能性を広めた。iphoneと、macbookを、モバイルwi-fiルーターでWEBにつなげる環境ができた。鞄の中にwi-fiルーターを入れっぱなしにし、通話専用の端末を持つ。iphoneから、通話の機能を無くし、ipodtouchのような使い方をしようとしている。製品開発の流れから見れば逆行だが、私にとっては進展だった。持ち歩く端末の「数」は増えるが、ほとんどが鞄に入れっぱなしになる類いのもので、管理にかかる手間も無い。むしろ、「使う機能」のオン/オフの選択が恣意的にできることがいい。



 将来的に、端末の基本性能(バッテリーなど)がより向上すれば、モバイルwi-fiルーターによってIP電話として使うことにもなるかもしれない。モバイルwi-fiルーターを持ち歩くことで、これからできる「WEB行為」は飛躍的に増え、選択肢が向上する。こうして、端末の機能に依存するWEBとのつながりから、自分で選び取っていくWEBとのつながりに、更新することができたと思っている。家計にもすごく優しい。

拍手[1回]

PR
Twitter「つぶやく」ボタン
WEBで、とても便利なツールが開発されているので、僕なりの使い方を、備忘録兼ねて書きます。
使っているツールは下記。
・google reader
・(
・twitter
・ブクログ

【総論】
・ネットで目に止まったものは、とりあえずtwitterに放り込む仕組みをつくって、使いやすいインターフェースのもので快適に振り返る!





普段のネットサーフィンは、google readerで。
10分だけ見るならこのフォルダだけ!のように決めている厳選サイトが登録 されたフォルダと、とにかく興味のあるサイトがとりあえずジャンル毎に登録されているフォルダとあります。
とにかく軽いし、検索もしやすいので重宝しています。


気になった記事は、 google readerの「メモで共有」機能を使って、コメントを記入。
この際あらかじめ、「メモで共有」した内容が自動的にtwitterに投稿(転送)される。興味の在る内容につ いては、google readerの中に共有として記録されると同時に、twitterに時系列で登録される。2重に記事が在ることになるので、興味を 持ったものはしっかりと残る。



本は、ブクログで登録。こちらも、新規に登録された内容が自動的にtwitterに転送されるので、読書状 況が時系列で分かる。

じつは、これらのサービスは全てiphoneでも使えるので、ニュースや、本に対する自分の反応などは、かなりリアルタイムに出せます。
基本的に、他のユーザーの方と共何か有したり、フォローしたり、ということはせずに、自分の情報整理のために活用しています。現在の所。ただ、 twitterでハッシュタグを使ってみて、自分の設定次第で他ユーザーのつぶやきがが1クリックで見れるのは魅力的!ということが分かったので、どんな 風に他ユーザーとコミュニケーションを取っていく可能性があるのか模索中です。







5/9追記:
media infrastructure
図にしてみました。
私が自分で操作することとしては、
1.Google Readerを閲覧して、気になる記事をメモ付きで共有する(twitterに自動転送)
2.ブクログに本やCDを登録する(twitterに自動転送)
3.twitterに思いついたことを投稿する

の3つのみとなります。
この3つの操作で、

1.情報収集
2.読書管理
3.思いつきの記録

を行っています。
これらの内容は、全て1度twitterに転送されることになるため、自分が気にとめた情報は、twitterを見返せば一目瞭然です。この情報を元に、ブログを書いたりします。

また、ブログ左側にブログパーツとしてtwitterとブクログが貼り付けてありますので、相互に見ていただくことも可能です。

ネットで得られる情報は、全て一度twitterに集約することで、かなり効果的に情報が管理できるようになったと感じています。
また、twitterに投稿されたつぶやきを自動的に保存してくれるTwilogというアプリを使えば、日付毎にどんどん保存していってくれるので、日ごとに変わる関心を追うこともでき面白いです。何を考えていたか追いたい人にはとても効果的なのではないでしょうか。

拍手[1回]

Twitter「つぶやく」ボタン
ブログ内検索
プロフィール
HN:
わぎゅう
性別:
男性
自己紹介:
仏像、恐竜、文房具。振り返れば多趣味。いや、趣味ではなく、真剣なのだ。それが問題。ジャンル問わず展覧会に興味あり。
一級建築士。工学修士。ユーザーの視点から建築・都市を考え企画するのがライフワークです。
https://twitter.com/wagyoo

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
最新TB
バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
"わぎゅう" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.