忍者ブログ
日常、考え事。たまに少し冒険。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Twitter「つぶやく」ボタン
 本書は安井算哲、保井算哲、渋川春海、という3つの名を使い分ける人物の、「改暦」にまつわる物語。
 宣明歴という、800年来続いてきた暦に、2日というズレが生じている。この暦を改め、新しい暦をつくる、という国家プロジェクトのドキュメンタリーだ。政治・宗教・経済とあらゆる面に多大な影響力をもつ暦を改める。プロジェクトに立ち向かっていく姿を映す、きわめて現代的なテーマと思う。 時代は、戦国の世を終え、天下泰平の世に向かいつつあった。渋川春海が20代前半の頃から没するまでが描かれている。

『安井算哲・・・お主、本日が実は明後日であると聞いてどう思う?』

物語中出てくる問いだ。 
 800年で2日のズレ。これを大きいとみるか、小さいとみるか、一般的な感覚ではとても判断がつかない。暦がずれるだけで、今日が明後日になる。暦の上では明後日だが、身体は今日を生きている。わかりにくい。
 実は、このズレが「問題になる」ということが、時代背景なのではないか。もちろん、同時代、暦は世界中で調整がされていたし、日時を正確に刻んでいくことは、人類にとって重要なことだ。だが、現代社会では、「暦の上では春です」と言われて、その日に衣替えを断行するわけではないし、何か行事があるわけでも無い。その気になれば暦(≒カレンダー)はPCで簡単に作れるし(グレゴリオ暦)、それが政治・経済・宗教に大きな影響を及ぼすとは考えにくい。

 一方、渋川春海は暦について、下記のように表現している。

 暦は約束だった。泰平の世における無言の誓いと言って良かった。“明日も生きている”“明日もこの世はある”。天地において為政者が、人と人とが、暗黙のうちに交わすそうした約束が暦なのだ。(pp.7)

 暦という、「社会的な合意」によって、天下の泰平を盤石なものに。改暦だけで天下泰平がなるわけでは、もちろん無い。しかし、改暦がどのように社会に影響を与え、なぜ国家プロジェクトたり得るのか。それを、本書で読んで欲しい。最後の100ページは、本当に息がつけなかった。算術オタクが、その極みにおいて暦を改める、というところにとどまる物語ではない。  

 また、保科正之や水戸光圀など時の権力者とのやりとりは、視点が庶民(?)的であるだけに入り込みやすい。時代背景がすんなり理解できる。同時代に生き、交流のあった関孝和などの、稀代の数学者も出てくる。ニュートンやライプニッツに先駆け、いくつかの数学的発見を成した人物だ。時の、偉大な人物が織りなす一大事業。渾天儀、天文分野之図など、渋川春海の歴史に名を成す成果も物語にちりばめられている。

 時間を、過去・現代・未来をいう、一軸的な、不可逆的なものでなく、「 原理・原則」として理解しようとした試みが改暦。あるいは、過去・現代・未来をしっかり刻んでいくための「法則」を確立した改暦。いずれにしても、良い本に出会えた。

 すでに漫画化されており、今秋、映画も公開されるとのこと。楽しみ。

 

拍手[0回]

PR
Twitter「つぶやく」ボタン
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
ブログ内検索
プロフィール
HN:
わぎゅう
性別:
男性
自己紹介:
仏像、恐竜、文房具。振り返れば多趣味。いや、趣味ではなく、真剣なのだ。それが問題。ジャンル問わず展覧会に興味あり。
一級建築士。工学修士。ユーザーの視点から建築・都市を考え企画するのがライフワークです。
https://twitter.com/wagyoo

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
最新TB
バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
"わぎゅう" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.