忍者ブログ
日常、考え事。たまに少し冒険。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Twitter「つぶやく」ボタン
学生の時、マンホールを活かした都市がつくれるはずだと、提案したことがあります。
だから、マンホールには今でも結構思い入れがあって、この本に はかなり興味が。
Drainspotting: Japanese Manhole Covers

アーティストは、Remo Camerota。
http://www.whitewallstudios.co.nr/

近日発売みたいです。
変わったマンホール集、と言う趣が強いようです。



タイトルにあるように、マンホールは面白い。
そう思うのは、2つの考えがあるからです。

浄化施設の都市分散化に活かせる。
現在、都市部の下水の浄化は、下水管を通って、浄化施設で浄化され、放流されています。
そのため、大型の施設が必要になり、しばしば建設位置で問題になります。

あ、ちなみに、格好いいデザインの浄化施設を見つけました(海外)。
http://www.archdaily.com/60651/ad-round-up-industrial-architecture-part-iii/
↑上から5番目の写真。

都市の周辺部で、下水を集中処理するのは、災害時に破損すると都市全体に影響が出たり、建設位置を巡って、近隣住民と行政の対立したりと、課題があると思ます。
そこで、下水管を流れる水をマンホールの縦穴を利用して、浄化すれば良いんじゃないかというのが提案です。
これが展開されれば、緊急時においては、火災の消化や、災害時の(浄水器を使う)飲料水確保に活かす事が出来ます。また、日常的にも、公衆便所をビルトインしたり(たしかイギリスで実例有り)、街路樹の給水に使えたりするでしょう。

都市のサイン・デザインに活かせる。
マンホールは、下水管が埋設されている都市では、点検の為にそこかしこに設置されています。
そのマンホールを、近くのお店を紹介したり、見所(歴史とか)やお得情報、地下鉄の時刻表などを記載して活用するのです。便利だし、意外な場所にあるものだから、とても楽しいと思います。

一方で、街を歩いていて、その街のことなんて全然分かりません。スマートフォンの進化でだいぶ条件は改善されていますが、もっとダイレクトに、五感で体感できるような場所に、楽しいディスプレイがあると良いと思うことは、ありませんか。
(浄化した水に水生生物を入れて、街中水族館!とか良いな。)


冒頭で触れた本のように、現在マンホールにはあらゆるデザインがあります。しかし、マンホールのふた、と言う表面は、「点検の為に必要」というように活用されることを前提としない、ネガティブなものです。活かしましょうよ。
ここで提案したもの以外にも、マンホールには効果的な使い方があると思います。
考えてみると普段見慣れた街が違った角度で見られて良いかも。




拍手[1回]

PR
Twitter「つぶやく」ボタン
研究と検証は明確に異なるものです。

一方で、検証しかしていないのに「研究者」と称している人もいるし、逆に、立派に研究しているのに「研究者ではない」とされている人もいます。

検証と研究は何が違うのか。

検証とは、定まった方法で、物事を試すことです。方法と、その結果を得ることそのものが目的になります。
研究とは、在る目的をもって、物事を解き明かすことです。その結果が、何に寄与するのかを明確に記述できるのが研究です。
似ているようで、全く違うものです。

検証は、研究の方法にすぎません。
しかし、難易度の高い検証を行う場合、検証方法を確立することそのものが研究テーマになることはあり、そうしたものは研究と言えるでしょう。
本当は、研究がしたいのに、無機質な検証に始終して、本当に明らかにしたいことと無関係な論文になったり、目的意識が不明確でつまらない論文になってしまったり、と言うことは、本当に良くあることではないでしょうか。

それは、学校のレポートや、企画書でも同様でしょう。

そこで、私なりに検証に終わらない、研究の方法についてまとめてみました。
興味のある方はご一読下さい。
企画書やレポートづくりにも参考になるかもしれません。




①目的をはっきりさせる―目的をコンセプトにする。

これが、もっとも重要です。
明確な目的があって、それが人に共感されれば、検証のプロセスや論立てに不備があっても、助言や協力が得られるでしょう。研究の最も重要な点は、何の為に、何を解くのか、ということを明確にすることです。ここに全力を尽くしましょう。

②どのような効果あるのか考える―仮説で夢想する。

目的を決める作業とセットになるかもしれませんが、研究の結果、どんなことが起こりうるのか、妄想しましょう。この作業は楽しんで下さい。

③図にする―本当に言いたいことなんて、単純にしかならない。

目的を考えたり、効果を考えていくと言えること、がボヤけるのは、多くの人が経験しているのではないでしょうか。
図にしましょう。
どんな図でも良いと思いますが、単語をつなぐだけのものをつくることをオススメします。力まずにつくる。単語を線とか言葉でつなぐと、ばかばかしいくらいに単純なものにしかなりません。
実はこれが、今言おうとしていることはこんなに単純な事なんだとと決めて、現時点での考えを吹っ切ることを決めてしまって下さい。これを踏まえて、もう一度、目的を定めることと、夢想に力を注ぎましょう。

④とにかくたくさん繰り返す―考えたことをつないで組み合わせてみよう。

目的→夢想→単純化、目的→夢想→単純化、目的→夢想→単純化、と繰り返すと、その数だけ研究の種がまかれたことになります。自分の明らかにしたいことは何か。これまでの成果を眺めてみて、組み合わせてみたり関連性を確認してみたりしてみて下さい。心の休憩になりつつ、予想だにしないところからヒントを得る大きいチャンスです。

⑤関係のない本を読む―煮詰まったら、休憩!
関係の無い本やメディアから思わぬヒントが得られる事もあります。きっと良いことがあるはず。真逆と感じる内容だと凄く良いかも。
(似たような分野の本だと、得られる効果が予定調和的になってしまう。)
休憩、と思って、やることが大切です。


拍手[2回]

Twitter「つぶやく」ボタン
WEBで、とても便利なツールが開発されているので、僕なりの使い方を、備忘録兼ねて書きます。
使っているツールは下記。
・google reader
・(
・twitter
・ブクログ

【総論】
・ネットで目に止まったものは、とりあえずtwitterに放り込む仕組みをつくって、使いやすいインターフェースのもので快適に振り返る!





普段のネットサーフィンは、google readerで。
10分だけ見るならこのフォルダだけ!のように決めている厳選サイトが登録 されたフォルダと、とにかく興味のあるサイトがとりあえずジャンル毎に登録されているフォルダとあります。
とにかく軽いし、検索もしやすいので重宝しています。


気になった記事は、 google readerの「メモで共有」機能を使って、コメントを記入。
この際あらかじめ、「メモで共有」した内容が自動的にtwitterに投稿(転送)される。興味の在る内容につ いては、google readerの中に共有として記録されると同時に、twitterに時系列で登録される。2重に記事が在ることになるので、興味を 持ったものはしっかりと残る。



本は、ブクログで登録。こちらも、新規に登録された内容が自動的にtwitterに転送されるので、読書状 況が時系列で分かる。

じつは、これらのサービスは全てiphoneでも使えるので、ニュースや、本に対する自分の反応などは、かなりリアルタイムに出せます。
基本的に、他のユーザーの方と共何か有したり、フォローしたり、ということはせずに、自分の情報整理のために活用しています。現在の所。ただ、 twitterでハッシュタグを使ってみて、自分の設定次第で他ユーザーのつぶやきがが1クリックで見れるのは魅力的!ということが分かったので、どんな 風に他ユーザーとコミュニケーションを取っていく可能性があるのか模索中です。







5/9追記:
media infrastructure
図にしてみました。
私が自分で操作することとしては、
1.Google Readerを閲覧して、気になる記事をメモ付きで共有する(twitterに自動転送)
2.ブクログに本やCDを登録する(twitterに自動転送)
3.twitterに思いついたことを投稿する

の3つのみとなります。
この3つの操作で、

1.情報収集
2.読書管理
3.思いつきの記録

を行っています。
これらの内容は、全て1度twitterに転送されることになるため、自分が気にとめた情報は、twitterを見返せば一目瞭然です。この情報を元に、ブログを書いたりします。

また、ブログ左側にブログパーツとしてtwitterとブクログが貼り付けてありますので、相互に見ていただくことも可能です。

ネットで得られる情報は、全て一度twitterに集約することで、かなり効果的に情報が管理できるようになったと感じています。
また、twitterに投稿されたつぶやきを自動的に保存してくれるTwilogというアプリを使えば、日付毎にどんどん保存していってくれるので、日ごとに変わる関心を追うこともでき面白いです。何を考えていたか追いたい人にはとても効果的なのではないでしょうか。

拍手[1回]

Twitter「つぶやく」ボタン
自分はここ3年、文房具の活用方法について結構真剣に考えてきた。

如何に持ち歩くか。如何に発想を捕まえるか。

それらの行動は、情報システムの構築を目指すも のだったのだ。
信頼できる情報システムは、現在の所、具体のもの、にある。

重要なのは、文房具はデザインされ、広報されるときに、そのシーンや条件が、とても限定的に設定されていることだ。
使い方を自分で構築することで、自然な行動の生産性を向上させる。
それが文房具の使い方を工夫する事の目的だ。
それはしばしば、文房具そのものへの愛着になるから、面白い。

拍手[1回]

Twitter「つぶやく」ボタン
目標を管理するための専用手帳を購入しました。
フランクリン・プランナーの、目標管理などの主幹ツールのみ採用して、自分の価値観や戦略を現場で使ってる手帳から分離させて使って行こうと考えた訳です。手帳のバインダーの素材に拘って選びました。

その効果については、今後使ってみてまたここに書きます。

ただ、気に入ったアイテムは十分に活用できる環境で完成する。と考えるので、現在自分が置かれている状況を考えて、しっかり使いこなしていきます。自分で考え抜いて採用したアイテムを、しっかり使いこなしているか?がを意識して使い倒して行きます。

拍手[0回]

Twitter「つぶやく」ボタン
成長の本質は変化。
自分自身にも肝に銘じているこの本質を、プラダを来た悪魔の主役は体現していた。

これまでこの映画には全く興味がわかなかったので、金曜ロードショウで観たけれど(映画館でも、レンタルですら観なかった)アン・ハサウェイ演じる主人公の変化の軌跡がとっても面白かった。だんだんおしゃれになっていくので。

拍手[0回]

Twitter「つぶやく」ボタン
きついなあ、と思ったら。
目の前のことに没頭して、楽しんでみる。

先々のことをビジョンとして描くと、現状との矛盾に苦しむことがあるけれど、先々、と言うものは現状の先にしか有り得ない。とすれば、いかなる状況でも現状を満足させる事が出来ればよいのだ。

自分で、現状に抱く感覚や姿勢をコントロールして前向きなモチベーションを作ることこそが、未来につながると信じたい。

拍手[1回]

Twitter「つぶやく」ボタン
グローバリゼーション考。

グローバリぜーションとは、単一民族あるいは国家が世界にボーダーレスに進出することではなく、地域の中にあらゆる民族・人種が混在している状況のことを指す、と考えるべきなのではないか。


広く世界に出て行く事を、「グローバル」な活動、と表現することが多いが、実は、身近な環境が多国籍化していくことが本質的な意味での「グローバリゼーション」なのではないか。
逆説的だけれど、身近な事が多様化していくことをグローバル、と考えたい。

拍手[0回]

Twitter「つぶやく」ボタン
 大好きなお世話になっている,ぺんてるが,新製品「Slicciesスリッチーズ」の発売に合わせて発表していました. インクの色は,15色.その15色に合わせて,色に「意味」を重ねてきた.
その名も「色コトバ」.
私は初めて聞いたんだけど. 

以下転載.
Black ヒミツ 
Red 勇気 
Blue 集中 
Blue Black 賢さ 
Green 仲良し 
Orange ありがと 
Calot Orange 元気 
Golden Orange 前向き 
Lime Green 優しさ 
Pink 好き 
Baby Pink 新しい 
Sky Blue 幸運 
Milk Blue ごめん 
Purple 成功 

転載ここまで.http://www.pentel.co.jp/news/2009/090108_02.html


Red=「勇気」 
が気になる. 
これからは赤は勇気. 
勇気を出して赤を使う.目立つからね. 

文具メーカーで取り上げられてる位だから,多分,気分や状況に合わせて使ってください,ってことなんだと思う.失敗できない時にはPurple=成功をつかって,謝るときにMilk Blue=ごめんつかって,慰めるときにはLime Green=優しさをつかう,と. 
僕が言うと気持ち悪いんで敢えて書きますけどMilkBlue=ごめんって言う意図の文章でPink =好きを使えばああ,意味が2つになった!!みたいなことも.中学生,高校生くらいの女子が喜びそうよね.でも大学を修了間近の,痩せた男が書くと,もう,気持ちいいくらいに気持ち悪い. 

でも 
いや 
これ 
難しいでしょ. 

例えば仲良し★っていう意図を伝えたい文章で 
Black=ヒミツ 
とか使っちゃって本当は,「ウフフ★」みたいな,この組み合わせの落とし穴. 


一方僕はBlue Blackがとにかく好きで,万年室もゲルインキも全部この色であることを志しているんだけど,これによると 
Blue Black=「賢さ」らしい. 
自分の対外的なイメージそのまんま. 
本当は違うんだけれども.

拍手[1回]

Twitter「つぶやく」ボタン
 このブログをつくってから1年間放置してしまいました、が。
再開したいと思います。

拍手[0回]

Twitter「つぶやく」ボタン
ブログ内検索
プロフィール
HN:
わぎゅう
性別:
男性
自己紹介:
仏像、恐竜、文房具。振り返れば多趣味。いや、趣味ではなく、真剣なのだ。それが問題。ジャンル問わず展覧会に興味あり。
一級建築士。工学修士。ユーザーの視点から建築・都市を考え企画するのがライフワークです。
https://twitter.com/wagyoo

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
最新TB
バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
"わぎゅう" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.